前田製菓

前田製菓 あたり前田のクラッカー

HOME前田製菓って商品一覧お菓子の誕生ネットショップお問い合わせ

前田製菓の歴史

 

「品質本位」を貫き通す あたり前田のクラッカー!

1918年創業。古くから商都として栄えた堺市に本社を構え、戦後間もなく現在もロングセラーのヒット商品となっている「ランチクラッカー」の発売を開始しました。

1958年には「バンドオーブン」を堺工場に導入、これをきっかけに、お菓子製造のオートメーション化を推進。1962年には“てなもんや三度笠”のテレビ放送が開始され、番組内で流れる「あたり前田のクラッカー」のフレーズも全国区になりました。

その後もさまざまな新製品の発売や、従来からの人気製品の改良など、より高い品質のお菓子をお客様におとどけするためにたゆまぬ企業努力を行ってまいりました。

<年表>
1918年5月
(大正7年)
前田西洋菓子製造所として、大阪府堺市新在家町にて創業
1926年9月
(大正15年)
堺市京町通にビスケット工場を設置
1931年12月
(昭和6年)
合名会社前田本店製菓所に組織変更
1939年3月
(昭和14年)
野戦酒保用ドロップの製造
1946年4月
(昭和21年)
農林省の携帯食糧乾パンの製造
1952年7月
(昭和27年)
堺市協和町に堺工場を設置
1955年3月
(昭和30年)
大衆化商品『ランチクラッカー』『バタークラッカー』の誕生
1957年10月
(昭和32年)
前田製菓株式会社に組織変更 資本金5000万円で発足
1958年3月
(昭和33年)
堺工場にバンドオーブン導入
1962年5月
(昭和37年)
『てなもんや三度笠』のテレビ放送開始(視聴率54%)
1964年1月
(昭和39年)
栃木県下都賀郡石橋町に宇都宮工場を建設
1966年2月
(昭和41年)
前田製菓株式会社 資本金1億8200万円に増資
1966年7月
(昭和41年)
販売部門を分離独立 前田クラッカー株式会社を設立
1980年8月
(昭和55年)
澱粉ベースのスナック菓子『セサミハイチ』発売
1988年4月
(昭和63年)
機能性食品シリーズ企画『ひじきスナック』『しらすスナック』発売
1991年4月
(平成3年)
堺工場設備を大幅に改良
ガスオーブン、コンピュータースケール増設
1997年12月
(平成9年)
堺工場 大型チョコレートサンド『リサーチ』製造専用ライン設置
2000年3月
(平成12年)
宇都宮工場 小型ピロ包装対応の高速包装設備導入

あたり前田のクラッカーCopyright (C) MAEDA Confectionery CO.,LTD. All rights reserved.